C-IAYT資格取得の為のカウンセリングモニター募集のお知らせ


こんにちは。

毎日,お元気でお過ごしでしょうか。


何回かsnsではお知らせしていましたが、

現在私、河本は

C-IAYT(国際ヨガセラピスト協会)の認定資格を取る為、

再来年の1月まで勉強させていただいています。


日本ではあまり馴染みのないヨガセラピーですが、

IAYTのオフィシャルホームパーティでは

以下のように定義されています。


ヨガセラピーとは何ですか?
すべてのヨガは潜在的に治療と癒しですが、ヨガ療法は、個人の肉体的、精神的、感情的なニーズに対処するためのヨガツール(姿勢/運動、ブレスワーク、瞑想テクニックなど)の特定のアプリケーションです。 ヨガセラピストは、クライアントを評価し、安全に保つための詳細なトレーニングを受けています。彼らは、あなたが経験している可能性のある制限を考慮しながら、あなたの特定の目標に対処するためにあなたと協力します。ヨガセラピストが推奨するプラクティスには、次のものが含まれます。
優しいものから激しいものまで幅広い動き
呼吸法
瞑想または視覚化の実践
不快感や筋骨格の不均衡の特定の領域に対処する物理的な姿勢
このようなツールの任意の組み合わせ
それはすべて健康と幸福を高めるために何が必要かにかかっています。 多くの人が最初にその身体的実践を通してヨガについて学びますが、よくある誤解は、ストレッチや動きがすべてだということです。実際、ヨガセラピーは、全く動けない人やアクティブな人を助けることができます。 健康のヨガモデルは、各体の部分やシステムを別々に考慮するのではなく、生活のあらゆる側面に対処するため、ユニークです。ヨガセラピーは、あなたの体と心の自然な能力で働き、幸福を最適化する安全な方法です。 一般的な公共のヨガクラスは、確かに毎日の痛み、痛み、気分の苦情を和らげることができます。しかし、ヨガセラピーセッションは、1対1であろうと少人数のグループであろうと、個人に合わせて調整されているため、はるかに進んでいます。

参照 https://yogatherapy.health/what-is-yoga-therapy/



全てで800時間にもなる学びの時間を経て

取得できる資格なのですが、

その中にある実技研修であるインテイクを

一般の方にモニターになっていただき、

来年中までに100ケース行わなければなりません。


そこで、

ヨガセラピーにご興味のある方で

カウンセリングを受けてみたい方を募集しております。


もちろん,研修の一環ですので無料で受けていただけます。

こちらから追加で何か購入をお願いしたりすることもありません。


この資格が取得できたら、

終末医療現場やハンデのある方々、

生きづらく感じている方々にも

広くヨガセラピーを伝えていきたいと思っています。


ご不明な点,ご不安な点がある際は

いつでもご質問を受け付けております。


是非、ご協力をお願いいたします。



※受付させていただいた順番に、ご予約をお取りしています。

現在7月末ごろまで満席、8月以降のご案内になることをご了承ください。







閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示