初インドヨガ修行記(1)出発~リシケシ到着編

2018年3月10日(土)から3月22日(木)まで

ヨガの聖地、インド・リシケシに

ヨガ修行にいってきました!!

なんせ、ヒンディー語はもちろん、英語もほぼ話せない私…。(TTの英語指導でも、皆を困らせるほどの英語力😢)

そして、当初同行してくれるはずだった先生方も、諸事情で行けなくなり

なんと

一人で

現地に向かうことになりました…!

現地にはお世話になるインド人の先生(会ったことない)がいらっしゃって、

全部任せて大丈夫だから!

といわれたものの、

不安で、出発一週間前くらいから

そわそわしっぱなし( ;∀;)

国内でも一人旅行なんてしたことないのに、初の一人旅が、インドwww

あまりの緊張っぷりに

成田空港で挙動不審だったせいか

また日本国内にもかかわらず、空港スタッフの方々全員に

英語で話しかけられる始末(;^ω^)

チャイニーズとおもわれたのかな。。

飛行機が飛び立ち、夕日が沈み、約10時間のフライトがスタート。

リモコンの使い方が分からずガサガサしたり

リクライニングできなくてガサガサしたり

ここでも挙動不審。

「シェイプ・オブ・ウォーター」をみて気持ちを落ち着けました。

アカデミー映画がみられて満足。

機内で配ってくれる入国カードも、記入案内動画をみてばっちり!

動画で説明がみられるなんて、ほんと親切な青い翼。

そして、23時半ごろ、デリーの

インディラ・ガンディー国際空港に到着!

有名なムドラ(印)の像が並んでるー☺

インドに入国するには、必ずビザが必要なのですが、今回はインターネットで手配できる、

「e-VISA」というのを手配しました。

大使館に行かずとも、インターネット上で情報を入力し、手数料を払えばもらえる、とっても便利なVISAです。

ただ、滞在条件が大使館でもらえるビザとは異なっているので、注意が必要です。

もうひとつ、現地についてからすべての手配をする、アライバルビザというのもありますが…。とても時間がかかる上に、万が一申請が通らなければトンボガエリという、上級者向けビザです(; ・`д・´)

電光掲示板の「e-VISA」の文字を頼りに、奥のほうまでずんずん進み、

しばらく並んで入国審査。

インドの人は、素直というか、働いていても眠たいのを全く隠さないww

ぐでーっと椅子にもたれて、あくびしまくり(*´Д`)

うん、眠いよね。寝る時間だよね。

でも入国したいので、パスポートとe-VISA、入国カードを渡すと、

おじさんがなんだかにやにやしながら、隣の人と書類を見て話してる。

…これ、英語わからないけど、なんて言ってるか雰囲気でわかる。

「ちょっと見ろよ、この人、ここ間違えちゃってるよ(ニヤニヤ)マジうけるんですけどww」

って言ってる( ;∀;)

いろんな人に確認したりして、結局大丈夫だったみたいで

ニヤニヤおじさんに言われるまま指紋をとり(e-VISAの人は全員とるルールなのです)

行こうとしたら、急にニヤニヤおじさんがちょっと真面目な顔で

「ここ、間違えてたからね!次は気を付けるように!」

みたいなことを言ってました。

さっきまでのニヤニヤで説得力まるでなし(;´∀`)

でも、私が間違えていたのはe-VISAのパスポート番号で、

もしもっとまじめなおじさんだったら、トンボガエリだったかも…!!

ニヤニヤおじさん、ありがとう…!!

初インド上陸にビビりながら降り立つも

インディラ・ガンディー国際空港は

とってもきれい!!

成田とさほど変わりません。

きれいな免税店が並んで、

そこかしこにベッド状のリクライニングチェアがおいてあり、仮眠も快適。

インドはチケットがない人は、空港に入るのにお金が必要で、セキュリティも厳しいので、空港の中には一般インド人の方はほとんどいません。

「空港の外に一歩出ると危ないから、外には出ないで」

といわれていたので、今回は一歩も出ず。

次回はもう少し英語力をあげて

デリーもみてみたいな。

空港のトイレには

こんな風にきれいなお姉さんとお兄さんの写真で

男女どちら用かわかるようになってます。

しかも、トイレごとに違う人!

この写真をみてトイレに入って

自分の顔を見ると

激薄です。

驚いたのは、仮眠前にトイレに入ったときに、

急に空港スタッフと思われる女性が入ってきて

にこにこ挨拶してくれたかと思ったら

洗面台と個室の間の床で、

急に寝だしたこと💦

三時間の仮眠後にもう一度トイレに入ったら

まだ寝てました。

ここじゃなくても…。

次は、エアインディアの小さな飛行機に乗って、デラドゥン空港へ向かいます。

ゲートから飛行機へ向かうバスの中、

ANAは日本人が多かったのであんまり実感なかったけど、

一気に異国に来たんだと実感できるほど

日本人一人ぼっち。

バスは、運転手さん分厚いガラスの

さらにもっと遠くにいて、

ここでも実感。

そして、バスの中のカーペット張りの

台のようなところに

なぜか果物の芯がぽんとおいてあって、

ここでも実感。

小さな飛行機だったけど、

機内食もくれました。

ラップに包んであって

家でお母さんが持たせてくれるような

手作り感のサンドイッチ。

そういえば、空港はレートが高いので

最低限だけ両替したほうがいい、

ということで

両替も初挑戦しました。

何か用紙を書かなくてはならず、

さっぱりわからないでいると、

「ナマエ、ニホンノジュウショ、…」

と日本語で教えてくれました…!!

ありがたい😿

小一時間で、デラドゥン空港に到着!

すっかり夜が明けました。

デラドゥン空港は小さな空港で、

荷物のコンベアも一つだけ。

そして、出口にすぐ、

お世話になるナラヤン先生が待っていてくれました。

プラカートとか、何も持っていなかったので

事前に写真見せてもらっておいて、

よかったー!

でも日本人は私だけだったので、

先生のほうからしっかり見つけてくれました。

そこからタクシーで40分~50分ほどで

リシケシに無事到着!!

こんなに言葉でのコミュニケーションができなくても、何とかたどり着くことができました…!!

(2)につづく。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Danielle Yoga. Proudly created with Wix.com